にきびについて


にきびには、中学生や高校生頃の思春期の時期にできやすいというイメージがあります。

ただできやすいといっても、顔の目立つ箇所に赤みのあるニキビができたり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うなどその症状も様々でしょうし、にきびの悩みの程度にも個人差があると思います。

思春期ににきびができやすい理由は、性ホルモンのバランスの急激な変化により、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが活発に働くことで、皮脂の分泌が活性化することが原因です。

このアンドロゲンは男性ホルモンのことですが、女性の体内にも存在するものです。

通常、皮脂腺で生成された皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に排出されるのですが、皮脂の分泌量が過剰な場合、排出しきれずに毛穴の中に溜まってしまうことになります。

また余分な角質が皮脂と混ざり合うことで、毛穴にふたをしてしまうということがあります。このふたは角栓と呼ばれ、この角栓が毛穴をふさぐことで出口を失った皮脂が毛穴の中に蓄積され、にきびの原因となります。

思春期や若い年代ににきびができるのは当然と放置することで、のちににきび跡に悩まされることも想定できますので、やはりニキビの原因を知り、対策をすることが大切といえます。

一方思春期にできるニキビに対して、二十歳を過ぎて大人になってからできるにきびは「吹き出物」などと呼ばれ、別のもの的な意味合いで捉えられることもありますが、十代でも二十代を過ぎた大人でも、にきびが皮膚に関する病気であることは同じです。

また近年、三十代や四十代の方が「大人にきび」に悩み、病院を訪れ皮膚科を受診されることも増えているそうです。にきびは青春の象徴だけではなく、あらゆる年代に発症する可能性のある皮膚の病気として捉えるべきものといえます。


白にきびと黒にきび


にきびといえば、肌が赤く盛り上がった状態の湿疹を思い浮かべる方が多いでしょうし、にきびでお悩みの人は、実際そういった炎症を伴ったにきびを発症している場合が多いと思います。

ただ、にきびの種類にはいくつかあり、軽度ものから重い症状を伴うものまであります。

にきびは大きく分けると、その症状により、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビの三種類のにきびに分けることができます。

ここではまだ炎症を引き起こしていない状態のにきびである「白にきび」と「黒にきび」についてご説明したいと思います。

◇白にきび
白ニキビは、毛穴に不要な角質(角栓)が詰まることで皮脂の出口がふさがれてしまった状態であるコメドと呼ばれるものができ、たまった白い皮脂が透けて見える状態のにきびをいいます。

毛穴の周りの角質層が厚くなることで毛穴に角質が詰まってしまい、皮脂と混ざり合うことで脂のかたまりのようなもので栓をしている状態のにきびです。

◇黒にきび
黒にきびは、皮脂が空気に触れることで酸化し、ほこりや汚れなどを取り込むことで毛穴の表面が黒く見えるにきびをいいます。この黒にきびは、頬や鼻の頭などの目立つ場所にできることが多いです。

白にきびや黒にきびは、まだ炎症を引き起こしていないにきびの段階といえ、この段階で適切なケアを施すことで炎症を伴う赤にきびへの進行を未然に予防することができます。

また特別なケアをしなくても自然に治ることもありますが、毛穴の中に存在するアクネ菌と呼ばれる常在細菌が、毛穴にたまった皮脂を栄養にして繁殖することで悪化を招くことも考えられるため、油断は禁物です。

正しいスキンケアを習慣にし、にきびの悪化を未然に防ぐことが大切です。


赤にきび


にきびの症状には、軽いものから重度なものまでいくつかの種類がありますが、その中に赤い炎症を引き起こし、痛みや違和感などの症状を伴う「赤にきび」があります。

この赤ニキビの炎症は、アクネ菌と呼ばれる細菌と深く関係があると考えられています。

アクネ菌とは、毛の根の部分を覆う「毛包(もうほう)」という場所に常時存在する常在細菌の一種です。

アクネ菌は、酸素がある環境では生育できない嫌気性という性質を持っています。ですので、毛穴が余分な角質(角栓)によってふさがれた酸素の少ない状態になると、毛穴の中で皮脂を栄養として成長、繁殖し、その数を急激に増やしていきます。

増殖したアクネ菌は、細菌性リパーゼと呼ばれる酵素を作り出し、この酵素によって皮脂が、遊離脂肪酸という悪い脂に変わってしまいます。

これらの酵素や悪い脂が毛包に刺激を与え、その結果、赤く炎症を引き起こしたり、また化膿やさらに悪化することで周辺組織の破壊を招いてしまいます。

不要な角質による角栓を作らず毛穴を塞がないようケアすることでアクネ菌の繁殖を抑制することが大切ですが、赤く炎症を伴う赤にきびを発症してしまうと、自己流のケアで治すのは難しくなります。

ちなみに、にきびを意図的につぶして解決しようとするのは禁物で、修復が難しいとされる、皮膚のでこぼこや陥没、また黒い色素沈着などのニキビ跡が残ってしまうことにつながります。

赤ニキビになってしまったら、にきび跡を残さないためにも早めに病院に足を運び、皮膚科の医師の診断と治療を受けるのが良いとされています。


大人にきび


思春期にできる、いわゆる青春のシンボルと呼ばれるにきびは、皮脂の分泌が活発になることが原因となり発症し、その多くは顔にできます。

一方、大人になってからできる大人にきびは、顔に限らず、背中やデコルテ(首筋から胸元にかけての部分)にも現れることがあります。三十代や四十代の方がこういった大人にきびに悩まされ、皮膚科を受診するといったケースも増加傾向にあるようです。

このような成人になってから発症する大人にきびも、ふさがった毛穴の中に皮脂がたまってしまうことが原因で起こる点については思春期のにきびと同じなのですが、大人にきびの場合、皮脂の分泌量の増加という単純な理由だけではない様々な要因との関係があるといわれています。

例えば、大人にきびの発症には以下のような要因との関係が考えられます。

・食生活、食事の乱れ
・睡眠不足
・不規則な生活のリズム
・ストレス
・肉体的疲労
・化粧品が肌に合っていない
・間違ったスキンケアの方法
・過剰なメイク
・髪や手による頻繁な皮膚への刺激
・タバコ(喫煙)
・紫外線

これらの要因が複合的に絡み合うことで大人にきびの原因となり、進行するとアクネ菌を繁殖させ炎症を引き起こしてしまいます。

大人にきびを予防、また悪化を進行させないためには、洗顔や保湿など毛穴を清潔に保ち詰まらせないためのスキンケアや、また炎症を抑えるためには薬による治療を行なう必要があります。

さらに、ホルモンのバランスを整えることも大切なことで、毎日の生活習慣を見直すことや、体調を整えることも重要です。

皮膚の毛穴で起きているにきびの炎症ですが、改善のためには根本的な原因を追及し見直すことが適切な治療になるといえます。


にきび対策に洗顔と保湿


思春期にできるにきびも、また大人になってからできるにきびも、にきびの悩みを解消したいという気持ちは変わりません。

共通するにきび対策の基本は、毛穴をつまらせないこと、そして肌に刺激を与えないことです。つまり、にきびを未然に予防すること、またにきびを作ってしまっても、にきび跡を残さないようにすることが大切といえます。

にきび対策には、毛穴に原因となる皮脂や不要な角質をつまらせないための正しいスキンケアが必要です。

石けんや洗顔フォームは、よく泡立てることにより洗浄力を高めることができ、皮膚への刺激を穏やかにすることができます。「泡で洗う」という感覚がポイントで、皮膚を刺激しない洗い方を心がけることが大切です。

また洗顔料は、油分の含有量が少ないものや、にきび用のものを選ぶと良いですね。

肌へ刺激を与えないように、フェイスブラシの使用は避け、洗顔後に水分をタオルでこするように取らないように注意します。

にきび対策ための洗顔のポイントについて、整理したいと思います。

・洗顔料を十分泡立てる
・皮脂量の多い部分から洗顔する
・すすぎを十分に行う
・やわらかいタオルをやさしく押し当てながら拭き取る
 などがあります。

正しい洗顔は、皮脂や古い角質を落とすために、不可欠なケアです。朝晩の1日2回の洗顔に加え、汗をかいたり、ほこり等で顔が汚れた場合は、その都度水洗いでも構わないので洗い流すことも大切です。

また、洗顔後の保湿も重要です。

皮脂が多いという理由で保湿をしないのは間違いで、皮膚のバリア機能の低下を招き、炎症につながることも考えられます。保湿とは、油分を補給するのではなく、水分を補給することを意味します。保湿効果の高い化粧水や美容液を用いて、肌の水分量を保ちしっとりした状態にしておくことは、にきび対策にとってもとても重要なことです。